e地産地消

ハモ

ハモ

名称 ハモ
都道府県名 長崎県
区分 魚介類
分類 ハモ科ハモ属
学名 Muraenesox cinereus (Forsskal)
外国語名 Daggertooth pike conger
生産地 長崎市戸石町
別名 ごんぎり、はもうなぎ、はむなど
由来 鋭い歯を持ち、魚を食べることから「噛む」「食べる」を意味する「はむ(食む)」から来たという説と、姿が蛇に似ていることから、「ハメ」「ハミ」「ハブ」という方言から来たという説がある。
時期 6月〜8月
特徴 体長2mを超える細長い魚。鋭い歯を持つ。骨が固いので、料理の際は骨切りするかすり身にする。ハモ料理は京都や大阪の夏の風物詩とされ、京阪神での需要が多い。味が濃厚で旨味が強い白身魚。
下処理 開いて背骨を取った身に、約1.3mm幅で包丁を入れる骨切り。専門の包丁と職人の技術を要する。
料理名 湯引きの梅肉あえ、ハモちり、ハモ鍋、酢の物、から揚げ、焼きハモ、かまぼこなど
加工品 かまぼこなど
栄養 コンドロイチン硫酸、DHA、IPA(EPA)などが豊富。カルシウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラルを多く含む。
問い合わせ先 めぐみの長崎
https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/kanko-kyoiku-bunka/kanko-bussan/megumi/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。