e地産地消

早崎瀬戸あらかぶ

早崎瀬戸あらかぶ

名称 早崎瀬戸あらかぶ
都道府県名 長崎県
区分 魚介類
分類 フサカサゴ科カサゴ属
学名 Sebastiscus marmoratus
外国語名 Rock fish, Scorpion fish
生産地 南島原市
収獲地域情報 長崎県の島原半島、熊本県の天草諸島の間にある有明海入口の海峡は、早崎瀬戸と呼ばれ、日本三大潮流の一つに数えられている。餌であるプランクトンが多く発生することから、多くの魚が集まる好漁場とされる。潮流にもまれた魚は身がしまり、味に定評がある。早崎瀬戸あらかぶは、延縄漁や一本釣り漁で漁獲される。
別名 かさご
歴史背景 島原半島では、古くから結婚や結納などの祝いごとに欠かせない魚とされてきた。1998年から乱獲を避けるため、保護区域や禁漁時期を設けるなど資源管理型漁業に移行した。
時期 一年中獲れるが、保護区では1月15日〜3月15日は禁漁
特徴 体に赤みを帯び、身が良く締まり、淡泊な味である。
料理名 刺身、から揚げ、煮つけ、塩焼き、鍋ものなど
栄養 高たんぱく低脂肪、カリウム、カルシウム、マグネシウムなどを含む。
問い合わせ先 島原半島南部漁業協同組合
http://www.arakabu.jp/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。