e地産地消

きぬさや

きぬさや

名称 きぬさや
都道府県名 北海道
区分 野菜類
分類 マメ科エンドウ属
学名 Pisum sativum
外国語名 green pea
生産地 上ノ国町など
収穫地域情報 道南の南西部、日本海側に面した上ノ国町では、道内では春が早く、夏は冷涼な気候を生かしてきぬさやを栽培、道内で二番目の出荷量を誇る。海風が吹き、ミネラルを多く含む土壌であるが、連作障害を防ぐため、栽培場所を替える輪作を行っている。主な出荷先は関西地方。
別名 きぬさやえんどう、さやえんどう、えんどう
由来 さや同士がこすれ合う音が、衣擦れに似ていることから。
歴史背景 古代ギリシャ時代から栽培されていたとされる豆。日本へは、奈良時代に遣唐使を通じて伝えられたとされる。もともと豆だけを食べていたが、江戸時代にさやごと食べるえんどうの栽培が始まった。
伝来 奈良時代
時期 6月〜10月
特徴 未熟なえんどう豆をさやごと食べるものを絹さやという。さやの中の未熟な豆を取り出し食べるのがグリーンピースである。豆苗はえんどうの若芽。きぬさやは長さ5〜7cmでさやが薄く、皮が黄緑色をしている。甘く、シャキシャキとして歯触りがよいと、北海道産の人気が上昇している。
料理名 卵とじ、茶わん蒸し、味噌汁、スープなど
選び方 さやの緑色が鮮やかで、光沢があるもの。さやが薄く豆の形が浮き出ていないものがよい。
保存方法 できるだけ早く食べきる。茹でれば冷凍保存ができる。
栄養 β−カロテン、ビタミンC、カリウム、食物繊維が豊富。
問い合わせ先 JA新はこだて上ノ国支店
TEL:0139-55-2321
FAX:0139-55-2283

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。