e地産地消

紅八朔(農間(のうま)紅八朔)

紅八朔(農間(のうま)紅八朔)

名称 紅八朔(農間(のうま)紅八朔)
都道府県名 広島県
区分 果実類
分類 ミカン科ミカン属
学名 Citrus hassaku
外国語名 hassaku
生産地 尾道市瀬戸田町
収穫地域情報 瀬戸田は瀬戸内の温暖な気候を生かしたかんきつ類の栽培が盛ん。
由来 八朔(一般には普通八朔と呼ばれる)は,因島田熊町の惠日山浄土寺の境内に古くからあった木が原木。発見した住職が「八朔(旧暦の8月1日)には食べられるだろう」と言ったことから、はっさくと名付けられた。
歴史背景 紅八朔は昭和26年に尾道市向島町の農間さんが普通八朔の枝変わりとして発見し,昭和51年に品集登録された。
時期 1月〜4月
特徴 果皮は淡橙、果肉は鮮やかな紅色。普通のはっさくと比べて果汁が多く糖度が高いのが特徴。
調理法 包丁で皮に軽く切り目を入れ、指を入れながらむく。一房ずつ内皮をむきながら食べる。
選び方 手に持って重量感があり、皮に張りがあるものを選ぶ。
栄養 ビタミンC、Pが豊富。
問い合わせ先 広島県果実農業協同組合連合会広島県本部
TEL:0846-26-0011

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。