e地産地消

広島牛

広島牛

名称 広島牛
都道府県名 広島県
区分 牛肉
分類 黒毛和種
生産地 広島市、安芸高田市、三次市、庄原市、東広島市、竹原市、北広島町など
歴史背景 和牛が歴史に登場したのは江戸時代後期。中国山地の谷ごとに「蔓」という名称で雌牛側の系統をつないできた。広島県では、比婆とその他系(神石・双三・高田)の2つの系統が知られる。1986年には育種圏を統一し、広島牛として売り出している。
時期 通年
特徴 肉色は鮮紅色で小さな「サシ」が細かく入っている。筋繊維が細かく、無駄な脂肪が少ない。深いコクと風味がある。
料理名 ステーキ、しゃぶしゃぶ、すき焼き、焼肉など
栄養 タンパク質、脂質、ビタミンB1、B2、リン、鉄が豊富。
問い合わせ先 広島牛特産化促進対策協議会
TEL:082-291-0122

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。