e地産地消

小瀬菜だいこん

小瀬菜だいこん

名称 小瀬菜だいこん
都道府県名 宮城県
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
生産地 加美町小瀬地区
収穫地域情報 宮城県北西部に位置する加美町。西部、北部、南部が山岳、丘陵地帯であり、小瀬地区は加美富士の異名を持つ薬萊山麓に位置する。
歴史背景 宮城県加美町小瀬地区でしかつくれないという不思議な野菜。適度な有機質がはいったやわらかい黒土の中でつくられ、江戸末期から続くという説と、明治初期頃から栽培されたという二説あり、味と姿を伝える希少な在来野菜。葉の部分を漬け物などにし、越冬食材のひとつとしてきた。だんだんと生産が少なくなり、現在は、数戸で栽培が続けられている。
時期 10月中旬〜11月中旬
特徴 根の部分が大きくならず、成長しても掌に載る程度だが、葉は大きいもので1mにもなる。食べるのは葉の部分。漬物にすると、パリパリとした食感、甘みのある味わいがある。他の地域で栽培すると根が大きくなって茎が固くなり、この食感が出ないという。
料理名 漬け物、ぎょうざなど
栄養 葉はβ−カロテン、ビタミンE、C、葉酸、鉄、カルシウム、食物繊維などが豊富。
問い合わせ先 宮城県食産業振興課
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syokushin/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。