e地産地消

鬼首菜

鬼首菜

名称 鬼首菜
都道府県名 宮城県
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
生産地 大崎市鳴子温泉鬼首地区
収穫地域情報 大崎市は宮城県北西部に位置する。北西に奥羽山脈を臨み、鳴瀬川流域に肥沃な土地を有する。湯治場として名高い鳴子温泉郷の一つに鬼首温泉がある。鬼首菜は、鬼首地区で古くから栽培されてきた伝統野菜である。
別名 「おにこうべな」と読む。
歴史背景 大正時代に山形県最上地方から持ち込まれたとされる。
伝来 大正時代
時期 10月〜11月
特徴 漬け菜の一種で、根も含めて全体を食用とする。ほどよい辛味と風味がある。
料理名 漬け物など
問い合わせ先 宮城県食産業振興課
http://www.pref.miyagi.jp/soshiki/syokushin/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。