e地産地消

彩玉

彩玉

名称 彩玉
都道府県名 埼玉県
区分 果実類
分類 バラ科ナシ属
学名 Pyrus pyrifolia (Burman f. 1768) Pyrus serotina Rehder 1915
外国語名 nashi pear,sand pearなど
生産地 久喜市、白岡市、蓮田市を中心とした東部地域と神川町、上里町を中心とする北部地域及び上尾市、伊奈町
収穫地域情報 甘みが強いことに加え酸味がなく、8月下旬に収穫できる梨としては大玉になる。埼玉県独自のブランド品種として普及・拡大を図っている。
由来 「彩の国 さいたま」の「彩」に由来し、埼玉オリジナルブランドを強調。
歴史背景 元々、「幸水」「豊水」「新高」の3品種が栽培されていたが、「幸水」の依存が増え、栽培管理や収穫が一時期に集中することから、「幸水」と「豊水」の間に収穫できる品種を研究。昭和59年に「新高」に「豊水」を交配して、選抜を重ねて育成した。平成14年3月に種苗登録を申請し、平成17年2月、農林水産省に品種登録された。
時期 8月下旬から9月上旬(幸水と豊水の中間)
特徴 糖度は13〜14度。酸味が少なく、肉質は柔らかでジューシー。重さは平均550gと、幸水や豊水よりも2まわりほど大きい大玉。
調理法 皮の近くが糖度が高く、芯の近くはゴリゴリと固いので、皮はなるべく薄く剥き、芯の部分はやや大きく切り取るとよい。
選び方 手に持った時に張りがあり、固く締まって、ずっしり重みを感じるもの。薄い茶色よりもやや赤みがかってきた頃が食べ頃。基本的には追熟しないので、食べ頃の良い状態のものを選ぶ。
保存方法 本来は食べる1時間程前に冷やす方が甘味が薄れずおいしく感じるが、1週間近く保存したい場合は、乾燥しないようポリ袋などに入れ、冷蔵庫の野菜室で保存。
栄養 食物繊維とソルビトールを含む。疲労回復に役立つといわれるアミノ酸のひとつ、アスパラギンや、ナトリウムの排出する働きがあるといわれるカリウムを含む。また、タンパク質を分解する消化酵素プロテアーゼを含む。
問い合わせ先 埼玉農産物ブログサイトSAITAMAわっしょい!
http://saitama-wassyoi.jp/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。