e地産地消

田辺大根

田辺大根

名称 田辺大根
都道府県名 大阪府
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
学名 Raphanus sativus L.
生産地 大阪市住吉区・東住吉区・淀川区、堺市、和泉市、河南町など
歴史背景 白あがり京大根とねずみ大根が交雑し、田辺に土着したのではないかと言われている。現在の大阪市東住吉区にある田辺地区は、住吉大社と平野郷を結ぶ街道沿いにあったため、近郊農村として大阪の食文化を支えてきた。田辺大根の名は1836年の『名物名産略記』に記されているのをはじめ、1922年の『東成郡誌』などにもその名がある。1950年にウイルス病が発生して新しい品種に取って代わられていたが、1987年に農産物品評会で在来種が発見される。その後、地元住民が復活をめざして「田辺大根ふやしたろう会」を結成して普及に努めている。
時期 11月〜1月
特徴 長さ25cm、太さ10cmほどで、白色の円筒形で末端が少しふっくらと丸みを帯びた辛み大根。肉質は緻密で柔らかく、煮物にすると甘みが出る。
料理名 ふろふき大根、なます、漬物、
加工品 漬け物、惣菜パンなど
栄養 葉はβ−カロテン、ビタミンA、E、C、鉄、カルシウムなどが豊富。根はビタミンCを含む。
備考 大阪府では、大阪市など原産地市町村と協力し、2005年から「なにわの伝統野菜」認証制度を開始している。
 田辺大根は、「なにわの伝統野菜」17品目の1つとして認証されている。
問い合わせ先 大阪府環境農林水産部流通対策室大阪産ブランド推進グループ
TEL:06-6210-9605

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。