e地産地消

泉州水なす

泉州水なす

名称 泉州水なす
都道府県名 大阪府
区分 野菜類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum melongena
外国語名 eggplant
生産地 泉佐野市、貝塚市、岸和田市、泉南市、阪南市、熊取町など
収穫地域情報 大阪湾と葛城山系に挟まれた大阪府南部の泉州地域は、その名の通り豊富な水に恵まれ、泉州水なすなどの農業が盛ん。
由来 水も滴るほど水分が豊富だからと言われている。
歴史背景 水なすの栽培の歴史は古く、江戸時代の初期からと伝えられている。室町時代に書かれた「庭訓往来」には、貝塚市の澤地区が水ナスの発祥と紹介されている。一方、泉佐野市には「日根野あずきに上之郷なす」ということわざが残り泉佐野市上之郷周辺が発祥とされるなど、発祥の地には諸説ある。この地域でしか栽培できず、また傷みやすいことから、長い間他の地域では知られていなかった。1988年、地元の漬物屋がクール宅急便の開始と同時に宅配を始めたところ、口コミでそのおいしさが知られるようになった。テレビなどメディアの紹介も多く需要が伸び、関西だけでなく首都圏にも出荷されるようになった。
時期 3月〜9月
特徴 卵型をしており、皮が柔らかく水分をたっぷり含んだジューシーな味わい。
料理名 漬け物、サラダなど
加工品 漬け物
栄養 成分のほとんどが水分。皮の濃い紫色はナスニンというアントシアニン色素で強い抗酸化性がある。また、同様に抗酸化性のあるクロロゲン酸(ポリフェノール)も含む。
問い合わせ先 大阪府環境農林水産部流通対策室大阪産ブランド推進グループ
TEL:06-6210-9605

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。