e地産地消

苫前メロン

苫前メロン

名称 苫前メロン
都道府県名 北海道
区分 果実類
分類 ウリ科キュウリ属
学名 Cucumis melo
外国語名 Muskmelon
生産地 苫前町
収穫地域情報 北海道の北西部、日本海側に面する苫前町。春は気温の上昇が早く、夏は気温が高いが冬は降雪が多く風が強い。農業が盛んで、稲作のほか、苫前メロンなどの畑作も行っている。苫前メロンは微細な温度・水管理のもと、一個ずつていねいに芸術品のように作られている。出荷先は主に関西地方。
歴史背景 メロンは古代エジプトや古代ギリシャで栽培されてきた。日本でも、弥生時代にメロンの仲間であるマクワウリを食べていたらしく、各地の遺跡から種が見つかっている。明治時代の半ば、天皇に献上するためにフランスから西洋系のメロンが導入され、上流階級には広まっていったが、長く庶民には縁がなかった。北海道で現在のメロンが栽培され始めたのは、戦後まもない昭和20年代からである。
時期 6月下旬〜8月
特徴 赤肉メロン「ノースランドレッド」と青肉メロン「ノーブルメロン」の二種類がある。赤肉はコクのある甘さ、青肉はみずみずしい甘さを持つ。
下処理 室内の風通しがよいところに常温で保存し、甘い香りがしてきたらメロンの底を手でそっと押さえてみて、柔らかくなっていたら食べごろ。食べる3〜5時間前に冷蔵庫に入れて冷やしておく。
保存方法 常温で風通しのよいところで保存する。食べきれなかったものは、ラップをかけて冷蔵庫に入れ、2〜3日中に食べきる。
栄養 主な成分は炭水化物。カリウムが多い。赤肉種はβ−カロテンが多い。
問い合わせ先 苫前町農業協同組合撰果場
TEL:0164-65-4412

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。