e地産地消

かわひこ

かわひこ

名称 かわひこ
都道府県名 鹿児島県
区分 いも及びでん粉類
分類 サトイモ科サトイモ属
学名 Colocasia esculenta
外国語名 taro
生産地 屋久島
収穫地域情報 屋久島は鹿児島県南部にある周囲約132キロメートルのほぼ円形の島で、標高1000メートルを超える山々がそびえており、洋上アルプスの異名を持つ。そのため、亜熱帯から冷温帯まで多様な気候を持つが、かわひこは、温暖な島南部で栽培されている。屋久島を含む種子島・屋久島地方では、産業の約4分の1が農業である。
別名 かばしこ、もちいも
由来 湧水のある地でよく生育するからとも、川幸彦の略とも言われる。
歴史背景 江戸時代の少し前に、南方から屋久島町栗生に導入されたと言われている。当時は地名から名をとって芋生(いもお)と呼んだ。主食として食べられてきたが、収量の多いさつまいもが導入されてから、栽培が少なくなった。無病息災を願い、元旦の吸い物には必ず入れるいもとされてきた。平成21年に「かごしまの伝統野菜」に選定されている。
伝来 16世紀末頃
時期 11月〜3月
特徴 親子兼用種で粘質が強い。子いも、孫いもが萌芽しやすく1株の萌芽数が非常に多い。煮込むと餅のような食感となり、「もち芋」とも言われている。
料理名 吸い物、揚げおろし煮、煮物、しんじょう揚げ、かき揚げ、豚汁、サラダなど
保存方法 泥つきのものは新聞紙でくるんで常温で保存する。
栄養 炭水化物、カリウムなどのミネラル、葉酸などを含む。
問い合わせ先 鹿児島県農政部農政課
食育・地産地消推進係
099-286-3093

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。