e地産地消

ヤナギダコ

ヤナギダコ

名称 ヤナギダコ
都道府県名 北海道
区分 魚介類
分類 マダコ科マダコ属
学名 Octopus (Parochopus) conispadiceus (Sasaki)
生産地 白糠町
収獲地域情報 北海道周辺など寒い海域に生息する。北海道では、日高、十勝、釧路地方の太平洋沿岸での漁獲が80%以上を占めている。白糠町沖合では「空釣り縄漁」という漁法を行っている。
別名 ギンダコ、コダコ、ドロダコ、ポンダコ
時期 12月〜5月中旬
特徴 マダコよりぬめりが多い。
下処理 塩か片栗粉でぬめりを取る。茹でる場合は、大きめの鍋にたっぷり水を入れ沸騰させ、塩を入れて足からゆっくり湯に入れる。
料理名 しゃぶしゃぶ、タコ飯
調理法 鮮度が良ければ刺身に。茹でダコは、味噌・砂糖・酢を2:1:1の割合で酢味噌を作り、酢味噌和えにしても美味しい。
加工品 煮ダコ、干しダコ、タコ串、塩辛
選び方 生は表皮の茶色が鮮やかでテカリがあるもの。茹での場合は足が太く張りがあるもの。
保存方法 ぬめりが取れたらフリーザーバックに入れて冷凍庫で保存
栄養 高タンパク質、低脂肪、低エネルギー。タウリンが豊富。
問い合わせ先 白糠漁業協同組合
TEL:01547-2-2221
FAX:01547-2-3331

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。