e地産地消

ウンチェー

ウンチェー

名称 ウンチェー
都道府県名 沖縄県
区分 野菜類
分類 ヒルガオ科サツマイモ属
学名 Ipomoea aquatica
外国語名 water spinach(英)、カンコン(フィリピン)、パックブン(タイ)、ザウ ムォン(ベトナム)
生産地 豊見城市
収穫地域情報 豊見城市は沖縄本島南部の西海岸に位置する。土壌は保水性に富み、昔から農業が盛ん。
別名 空芯菜、ウンチェバー、エンサイ、朝顔菜、ヨウサイ
歴史背景 東南アジアが原産。沖縄でも自生していた。沖縄では古くから水田や低湿地帯で栽培されてきたが、最近では畑での栽培が主流となっている。
時期 4月〜9月
特徴 葉は長卵形で茎の部分は空洞。癖がなく炒め物にするとおいしい。
料理名 ウンチェー炒め、焼きうどん、イカとウンチェーの炒め物、ごま和えなど
選び方 葉先までハリがあり、緑が鮮やかで濃いものを選ぶ。切り口がみずみずしいものが鮮度がよい。
保存方法 水を含ませたキッチンペーパーに包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存する。
栄養 β−カロテン、食物繊維が多い。ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄を含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。