e地産地消

オオタニワタリ

オオタニワタリ

名称 オオタニワタリ
都道府県名 沖縄県
区分 野菜類
分類 チャセンシダ科チャセンシダ属
学名 Asplenium antiquum Makino
外国語名 Speenwort
生産地 石垣島
収穫地域情報 伊豆諸島、紀伊半島、九州西部・南部、奄美諸島、沖縄などに自生する。山菜の少ない石垣島では、唯一の山菜として重宝されている。八重山地方では行事や祭事にも使われる。
別名 フィラムシルー、サムムス、フチィビィ
由来 谷間のやや湿った樹林内で、樹幹や岩上に身を乗り出すように自生する。その姿が、シダが谷を渡ろうとしている姿に似ていることから名づけられた。
時期 通年
特徴 葉は細長く、先端がとがった広線形をしている。主軸がしっかりしており、基部には少し葉柄がある。沖縄では、葉先のクルっとした独特の形の若芽の部分を食用にする。コリコリとした歯触りが特徴。
料理名 炒め物、煮物、てんぷらなど
栄養 ビタミンC、Kが豊富。β−カロテン、ビタミンB2、B6、B12も含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。