e地産地消

ハンダマ

ハンダマ

名称 ハンダマ
都道府県名 沖縄県
区分 野菜類
分類 キク科ギヌラ属
学名 Gynura bicolor
外国語名 Okinawan spinach
生産地 国頭村など
別名 金時草、水前寺菜、式部草、春玉
由来 ハンダマの呼び名は、「春玉」から来たという説がある。
歴史背景 昔から沖縄で自生し、薬用として使われてきた。水を好む草なので井戸のそばに植えてあり、体調の悪いときに食べたという。現在もほぼ自家栽培である。
時期 通年
特徴 暑さに強く夏に盛んに成長する。葉表は緑色、葉裏が紫色をしているのが特徴。爽やかな香りがあり、加熱するとぬめりが出る。
料理名 お浸し、てんぷら、雑炊、炒め物、和え物など
栄養 鉄、カルシウム、β−カロテン、ビタミンC、食物繊維を多く含む。赤紫色の成分は、抗酸化作用があるアントシアニン。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。