e地産地消

島にんじん

島にんじん

名称 島にんじん
都道府県名 沖縄県
区分 野菜類
分類 セリ科ニンジン属
学名 Daucus carota L.
外国語名 carrot(英)carotte(仏)
生産地 糸満市、中城村
別名 チデークニ
由来 黄色をしていることから、沖縄言葉で「黄色い大根」を意味する「チデークニ」と呼ばれるようになった。
歴史背景 にんじんは17世紀に日本に伝わった。島にんじんは東北地方から九州まで広く栽培された時期もあるが、現在は沖縄だけの栽培になっている。栄養価が高いため、沖縄では薬膳料理の食材として盛んに使われ、体調が悪いときに味噌汁に入れるなどして食べられてきた。
伝来 17世紀
時期 10月〜3月
特徴 色は黄色、長さは30〜40cmでごぼうのように細長い形をしている。甘みがとても強く、いわゆるニンジン臭さのようなものが少ないので、食べやすい。
料理名 炒め物、煮物、汁物、てんぷら
加工品 ドレッシング、蒸しカステラなど
保存方法 新聞紙などを濡らして包み、冷蔵庫で保存する。
栄養 β−カロテン、カルシウム、ビタミンCを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。