e地産地消

ソデイカ

ソデイカ

名称 ソデイカ
都道府県名 沖縄県
区分 魚介類
分類 アカイカ科ソデイカ属
学名 Thysanoteuthis rhombus Troschel
外国語名 diamond squid
生産地 糸満市、浦添市港川、伊江島、久米島など
収獲地域情報 ソデイカは主に旗流漁業で行われる。これは水中ライトと疑似餌、目印として黒いビニールなどを付けた旗竿と浮きを付けた漁具を投入し、イカを呼び寄せる漁法である。島根県沖など日本海でも獲れるが、沖縄県はソデイカ水揚げ量で日本一。
別名 セイイカ、アカイカ、タルイカ、シンジュウイカ、ドータリイカ
由来 第3腕の口側の保護膜が広く、支持肉柱が多数あって、「袖」のように見えることから。
歴史背景 日本でソデイカ漁が行われるようになったのは1960年代から。1962年、兵庫県但馬地方で樽流立縄漁法が開発され、漁業資源として脚光を浴びた。沖縄県では、トビイカを釣るときにたまに獲れる程度だったが、1989年に久米島でトビイカ漁をした際、大量に獲れたことをきっかけに、久米島漁業協同組合が兵庫県但馬地方から漁具を導入し本格的に操業が行われるようになった。その後、漁具の改良を重ねながら県内各地に急速に普及し、今日に至る。現在はマグロに次ぐ重要な水産資源となっている。
時期 11月〜6月
特徴 体長は大きいもので1m、体重は10〜20kgになり食用にされるイカとしては最大級。外套膜はスルメイカ類のように円錐形に近いが、大きく厚い菱形の鰭が外套全長に及ぶ特徴的な形をしている。身が厚い。一度冷凍して解凍すると、もっちりした食感と甘みが出ておいしい。
料理名 炒め物、刺身、てんぷら、焼き物、寿司など
加工品 冷凍イカ
栄養 高タンパク、低脂肪で低カロリー。タウリンを含む

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。