e地産地消

オキナワモズク

オキナワモズク

名称 オキナワモズク
都道府県名 沖縄県
区分 藻類
分類 ナガマツモ科オキナワモヅク属
学名 Cladosiphon okamuranus
生産地 沖縄県全域
収穫地域情報 養殖されているもずくには、モズク(通称イトモズクまたはホソモズク)とオキナワモズク(通称フトモズク)の2種類がある。ほとんどは沖縄県が養殖するオキナワモズクである。
別名 フトモズク、スヌイ
歴史背景 沖縄地方では昔からもずくを三杯酢で食べていたため、酢のリ=「スヌイ」とも呼ばれる。1975年から養殖手法の実証試験を行い、恩納村漁業研究グループと水産業改良習及所の共同研究により、養殖モズクの水揚げに成功したのは1977年。1979年に養殖業として定着。その後、いろいろな改良・試験を繰り返し現在に至る。産業規模の養殖に成功しているのは、沖縄県だけである。
時期 2月〜6月
特徴 粘着性に富み、太さ1.5〜3.5mmの褐色から黒褐色の枝が不規則に分岐している。沖縄特産種で養殖品は全国生産量の99%以上を占めている。
料理名 酢の物、てんぷら、もずく雑炊など
加工品 酢の物、塩蔵もずく、もずくソーセージ、もずくキムチ、もずく乾麺、もずく生麺など
栄養 食物繊維が多い。カルシウムやフコダインを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。