e地産地消

蒜山だいこん

蒜山だいこん

名称 蒜山だいこん
都道府県名 岡山県
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
学名 Raphanus sativus L.
外国語名 Japanese radish(英)、radis du japon(仏)
生産地 真庭市蒜山地区
収穫地域情報 山間部にある蒜山地区では、冷涼な気候と、火山灰土壌の「黒ぼこ」を活かし、蒜山だいこんを育てている。
栽培情報 寒さに当たると凍らないように栄養を糖分に変える野菜の性質を利用し、収穫するだいこんをわざと霜に当てることで甘みを出させている。堆肥を入れるなど土作りにもこだわって良質なだいこんを育てている。
歴史背景 1947年、蒜山地区で「みの早だいこん」を作ってみたところ、大変好評だったため、その後生産が広がった。1964年に農林水産省が大根の指定産地として蒜山地区を選んだことから、蒜山だいこんがブランド化した。
時期 11月上旬〜12月上旬
特徴 形や色つやもよく、甘みが強いだいこんである。
料理名 ふろふきだいこん、おでん、煮物、サラダなど
栄養 葉にはβ−カロテン、ビタミンB1、B2、葉酸、ビタミンCやカルシウム、カリウム、鉄が多い。根にはビタミンCが含まれる。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。