e地産地消

伏見とうがらし

伏見とうがらし

名称 伏見とうがらし
都道府県名 京都府
区分 野菜類
分類 ナス科トウガラシ属
学名 Capsicum annuum
生産地 京都市、宇治市、南丹市、京丹波町、福知山市、伊根町、京丹後市、精華町
収穫地域情報 丹波地方を中心に府内全域で栽培されている。
別名 伏見甘長とうがらし。ひもとう、伏見甘とも呼ばれる。
由来 かつては京都市伏見区で作られていたため、その名で呼ばれるようになった。
歴史背景 来歴は明らかではないが、江戸時代に書かれた「毛吹草」(1638)、「雍州府志」(1684)には、山城の稲荷付近で作られていた記録がある。1989年に「京のブランド産品」が制定された折、最初に認定された野菜の1つ。
時期 4月〜10月
特徴 日本のとうがらし類の中では最も細長い品種で、長さは10cm〜17cm、先端は尖っている。柔らかく辛味はない。
料理名 炒めもの、てんぷら、焼きとうがらし、煮ものなど
選び方 鮮やかな緑色で艶があり、触った時に弾力があるものを選ぶ。硬くなりすぎていないものがよい。
保存方法 ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存する。
栄養 食物繊維、β−カロテン、ビタミンCが豊富。
問い合わせ先 公益社団法人 京のふるさと産品協会
http://kyo-furusato.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。