e地産地消

丹波くり

丹波くり

名称 丹波くり
都道府県名 京都府
区分 種実類
分類 ブナ科クリ属
学名 Castanea crenata Sieb. et Zucc.
生産地 亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、綾部市
収穫地域情報 丹波くりは品種名ではなく、この地方で採れる大粒の栗をさす名称である。品種は「銀寄」や「筑波」などが中心。
歴史背景 丹波地方では、平安時代から献上物としてくりが栽培され、江戸時代には年貢米の替わりとして上納されてきた。
時期 9月中旬〜10月中旬
特徴 大粒で色艶がよい。肉質は締まっており、渋皮がはがれにくい。料理に使っても煮崩れしにくいのが特徴。
料理名 栗ご飯、栗おこわ、鶏と栗の煮物、甘露煮、マロングラッセ、栗のロールケーキなど
加工品 渋皮煮、栗ペーストなど
栄養 でんぷん、食物繊維、ビタミンCが豊富。β−カロテン、カリウム、カルシウム、マグネシウムを含む。
問い合わせ先 公益社団法人 京のふるさと産品協会
http://kyo-furusato.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。