e地産地消

かきチシャ

かきチシャ

名称 かきチシャ
都道府県名 山口県
区分 野菜類
分類 キク科アキノノゲシ属
学名 L..s.var.crispa L..s.var.angustata
外国語名 Cutting lettuce
生産地 県内全域
収穫地域情報 山口県内各地の家庭で細々と栽培されており、直売所等で見かけることもある。種々の系統が存在することが確認されている。
栽培情報 古来からの在来種と、明治時代に導入された品種が混在している、といわれている。
由来 ちぎったときに乳状の液体が出てくることから「乳草」とよばれ、これが「チシャ」に転じた。また、茎に互い違いに生えている葉をかきとって(摘み取るの方言)収穫することから「かきチシャ」と呼ばれるようになったと言われている。
歴史背景 来歴は不承だが、栽培の歴史は長く、古くは家の庭先に植えられていたというほど、県内では普及していた。しかし、昭和40年代に市場に出現したサニーレタスにおされて衰退。ほとんど見かけなくなっていた。
時期 1年中栽培可能
特徴 リーフレタスの一種で、葉の色が赤紫系と緑色の二種類がある。一般のリーフレタスよりもやや硬くほろ苦い。
下処理 包丁で切ると、切り口が短時間で茶色く変色するので、手でちぎるほうがよい。
料理名 伝統料理「チシャなます」は、チシャ、焼魚(または煮干し)を酢味噌や三杯酢で和えるのが一般的。
調理法 伝統料理「チシャなます」は、ゆでたチシャ、焼魚(または煮干し)を酢味噌や三杯酢で和えるのが一般的。
選び方 瑞々しく元気なもの。葉先のちぢれが細かいものの方が食感がよい。
保存方法 乾燥に弱いので、濡れた新聞紙で包む、もしくは霧吹きなどで水分を吹き付けてからポリ袋などに入れ、冷蔵庫の野菜庫で、できれば葉先を上にして保存する。
栄養 一般のサニーレタスに比べて、カルシウムは3.5倍、鉄2倍、マグネシウム3倍と、ミネラルが豊富。β−カロテンや食物繊維も多い。
問い合わせ先 山口県庁企画流通課
TEL:083-933-3395

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。