e地産地消

ゆめほっぺ

ゆめほっぺ

名称 ゆめほっぺ
都道府県名 山口県
区分 果実類
分類 ミカン科ミカン属
生産地 周防大島町
収穫地域情報 雨が少なく、日当り、水はけが良い気候と地形を活かし、かんきつ類の栽培が盛ん。県内産かんきつの約8割の生産量を誇る一大産地。
栽培情報 糖度14度を超える柑橘種として、デビュー当時は柑橘界の期待のニューフェイスと注目された。
由来 新しい柑橘に夢を託すとともに、甘くて頬が落ちそうなほどおいしいという意味が込められている。
歴史背景 「ゆめほっぺ」の品種名は「せとみ」で、山口県農林総合技術センターが、「清見」と山口県原産「吉浦ポンカン」を交配・育成した山口県オリジナル品種(平成16年3月品種登録)。その「せとみ」の中でも、糖度13.5度以上、酸度1.35%以下のものを「ゆめほっぺ」(平成16年12月商標登録)として販売している。
時期 2月に収穫してから約1ヶ月貯蔵。3月上旬〜4月中旬に出荷される
特徴 果実の大きさは180〜200gと温州みかんの倍近くある。また、甘くて人気の「デコポン」よりもさらに糖度が高く、それでいて酸味もバランスよく含まれる。また、プチプチと弾けるような弾力のある食感が楽しめる。果皮は柔らかく、簡単にむけ、ジョウノウも柔らかくそのまま食べられるのも魅力。
選び方 皮に張りがあり、ずっしり重みがあるものを。
保存方法 風通しのよい涼しい場所で。
栄養 ビタミンC、葉酸が豊富。
問い合わせ先 山口県庁企画流通課
TEL:083-933-3395

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。