e地産地消

西京はも

西京はも

名称 西京はも
都道府県名 山口県
区分 魚介類
分類 ハモ科ハモ属
学名 Muraenesox cinereus
生産地 周南、防府、宇部漁港
収獲地域情報 多くの島々や入組んだ海岸線の瀬戸内の海岸は、魚の餌になる小魚やエビなどが豊富。恵まれた環境のよい漁場となっている。産卵のために回遊してくるはもを小型底引き網、延縄漁業で漁獲。そのなかで、状態がよく、ほどよく脂がのった概ね700〜1,500gのもの、活魚で出荷されたものが、2014年7月に「やまぐちブランド」に登録された「西京はも」のブランドを名乗ることができる基準となっている。
由来 山口の町が、室町時代から「西の京」と呼ばれてきたことに因んでいる
時期 6月〜8月、10月が旬
特徴 ほどよく脂がのったサイズが選別され、口当たりが良い。
下処理 小骨が多く、骨切りをする必要がある。
料理名 湯引き(切り落とし)、しゃぶしゃぶ、唐揚げ、土瓶蒸しなど。
選び方 目が澄み、体にはぬめりがあり艶があるもの。また、厚みがあり、引き締まっているもの。大きく成長すると皮、骨が硬くなるので、700g〜1500gが良い。
保存方法 骨切り加工して販売されることが多く、できるだけ早めに食べきる。
栄養 皮に、美肌効果があり、「若返りの栄養素」ともいわれるコロイドチンが含まれている。また、骨切りをして小骨も食べるため、カルシウムも摂取できる。
問い合わせ先 山口県庁企画流通課
TEL:083-933-3395

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。