e地産地消

久能葉生姜

久能葉生姜

名称 久能葉生姜
都道府県名 静岡県
区分 野菜類
分類 ショウガ科ショウガ属
学名 Zingiber officinale
外国語名 ginger
生産地 静岡市久能地区
収穫地域情報 久能葉生姜を栽培する久能海岸は、静岡市の他の地区より平均気温が2度ほど高い。その温暖な気候と砂地の土壌を生かし、ハウス栽培で全国に先駆けて3月から出荷される。
歴史背景 久能海岸では、約半世紀前からしょうがの栽培が始まった。1979年には生産者が集まる久能葉しょうが委員会が発足し、植え付けから90日以内に未熟な「みるい」状態で出荷するなど、葉しょうがとしての品質を保つ生産管理を共同で行っている。
時期 3月〜7月
特徴 茎の付け根のところに鮮やかな紅がのっているのが特徴。柔らかく筋がないが、シャキッとした食感がある。
料理名 そのまま味噌をつけて生食。揚げもの、酢漬け、炊き込みご飯など
保存方法 ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存する。なるべく早く食べきる。
栄養 ショウガの辛み成分、ジンゲロールやショウガオールには、胃腸の働きを活発にしたり、身体を温め新陳代謝を高める効果があるといわれている。
問い合わせ先 静岡市農業協同組合 南部営農経済センター
054-237-5580

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。