e地産地消

熊本赤なす

熊本赤なす

名称 熊本赤なす
都道府県名 熊本県
区分 野菜類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum melongena L.
外国語名 eggplant(英)、aubergine(仏)
生産地 益城町
収穫地域情報 収量が少なく、また、果実が柔らかいため流通も手間がかかるため生産者が経る傾向があるが、熊本の伝統野菜「ひご野菜」に認定し、安定した生産がkでいるよう体制を整え、ブランド化する努力をしている。
由来 宮崎県の在来種“佐土原なす”が起源とされ、大正時代より栽培されている。自家採種により品質にばらつきがあったため、2002年県農業研究センターが系統を整理し改良種の「ヒゴムラサキ」が生まれた。現在は「くまもとふるさと野菜」に選定され、熊本市には「ひご野菜」として認定され、「熊本赤なす」としてブランド化に取り組んでいる。
時期 2〜6月、9〜11月
特徴 長さ30cm、太さ10cmほどに大きく成育し、果皮は赤紫色。果肉はやわらかく弾力があり、アクが少なく甘みを多く感じられることが特徴。
下処理 アクが少なく水にさらすだけで生食も可能。
料理名 焼きなす、田楽、グラタン、サラダ
調理法 火を入れると、ジューシーで甘みがあり、とろけるような食感が楽しめる。
選び方 皮にハリがありつやのあるものを選ぶ。
保存方法 乾燥しやすいので、ラップなどに包んで野菜室で保存する。
栄養 ビタミン・ミネラルは少ない。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。