e地産地消

鶴の子いも

鶴の子いも

名称 鶴の子いも
都道府県名 熊本県
区分 いも及びでん粉類
分類 サトイモ科サトイモ属
学名 Colocasia esculenta
外国語名 taro
生産地 阿蘇郡高森町
収穫地域情報 地元の郷土料理「高森田楽」で、串に刺して焼く田楽用の芋として消費され、市場には出回らない。
由来 数百年前、領主に地元住民が手作りのイモの串焼きを献じたところ、大変喜ばれたのが栽培の始まりといわれている。
特徴 粘りが強く、煮くずれしにくい。秋に霜に合った後収穫し、穴に埋め3月に掘り出して使う。
料理名 田楽
調理法 串に刺し、味噌を付けて囲炉裏で炙る。
栄養 主成分はでんぷん。ぬめりは、ガラクタンという多糖類による。食物繊維が豊富で、カリウム、ビタミンB群も多く含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。