e地産地消

房州びわ

房州びわ

名称 房州びわ
都道府県名 千葉県
区分 果実類
分類 バラ科ビワ属
学名 Eriobotrya japonica
外国語名 loquat
生産地 南房総市、館山市、鋸南町
収穫地域情報 房州びわの産地は房総半島南端に近い西海岸に面した安房地域。びわは寒さに弱いため、冬に黒潮の影響で温かいこの地で盛んに栽培される。びわ園の多くは、冬期の季節風が当たりにくく、冷気が滞留しにくい南から東に向いた山の斜面にある。
栽培情報 害虫や日焼けから守るため、実の一つ一つを手作業で袋掛けして育てる。
歴史背景 安房地域では、1751年から栽培し、江戸時代中期には江戸の市場にも出荷されている。1909年から皇室にも献上、第二次世界大戦の一時期を除いて現在もびわが納められている。
時期 4月下旬〜6月下旬
特徴 大粒で肉厚、みずみずしさが特徴。追熟しないので、すぐに食べたほうがよい。
加工品 びわソフトクリーム、びわケーキなど
選び方 きれいなオレンジ色をしていて、産毛がしっかり残っているもの、表面に傷やへこみがないものを選ぶ。
保存方法 冷暗所に置き、1日2日で食べきる。
栄養 β−カロテンや食物繊維、クエン酸などを含む。
問い合わせ先 教えてちばの恵み
http://wwwp.pref.chiba.lg.jp/pbmgm/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。