e地産地消

富里すいか

富里すいか

名称 富里すいか
都道府県名 千葉県
区分 果実類
分類 ウリ科スイカ属
学名 Citrullus lanatu
外国語名 watermelon
生産地 富里市
収穫地域情報 富里市が位置する北総台地の火山灰地帯で、アメリカ種のすいかの栽培に適している。昼夜の寒暖差が大きいため、甘いすいかができる。富里市は東の横綱と言われ、全国屈指のすいか生産量を誇る。
歴史背景 千葉県内のすいかは、干潟、山武、長生地方の砂地帯で、元禄年間(1688〜1703年)に栽培されたことが記録されている。現在の富里市で本格的に栽培されるようになったのは、大正時代に千葉県農業試験場で、土壌に合う品種の研究を行った後、1933年からである。共同出荷など大産地化に力を入れた。1935年に皇室に献上し、一躍その名が知られるようになった。
時期 5月中旬〜7月中旬
特徴 糖度が高く、シャリシャリとした食感。
栄養 糖質やβ−カロテン、カリウム、シトルリンなどを多く含む。
問い合わせ先 教えてちばの恵み
http://wwwp.pref.chiba.lg.jp/pbmgm/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。