e地産地消

愛南ヒオウギ

愛南ヒオウギ

名称 愛南ヒオウギ
都道府県名 愛媛県
区分 魚介類
分類 ザルガイ科イタヤガイ属
学名 Mimachlamys nobilis
外国語名 Noble scallop
生産地 愛南町
収獲地域情報 愛南町周辺の海は、北は瀬戸内海 豊後水道、南は太平洋で、黒潮が出会う、プランクトンや藻などが豊富な海で、日本の4分の1もの魚種が生息している。愛南ヒオウギは水温が高く静かな内湾で育つ。
栽培情報 愛南ヒオウギは、半養殖。5月下旬くらいから杉葉を網カゴの中に入れておくと、自然に付着した卵が稚貝になる。約2年かけて育てて出荷する。
別名 アッパ貝、アズキ貝、バタバタ、長太郎貝、虹色貝
由来 ヒオウギの名は、貝の形や色が桧板を束ねて作った扇に似ていることから。
歴史背景 愛南町では長年真珠の母貝となるアコヤ貝の養殖を行ってきたが、1994年にアコヤ貝が大量斃死し、地元で食べてきた、稚貝が多く生息するヒオウギ貝に着目し、養殖を始めた。2007年には愛媛県の「愛あるブランド産品」に認定された。
時期 12月〜3月
特徴 赤、黄、橙、紫、赤褐色の鮮やかな貝殻を持つ。ホタテより濃厚な甘みのある味わいが特徴。
料理名 網焼き、刺身、バター焼き、フライ、鍋物、酒蒸し、揚げもの、炊き込みご飯など
保存方法 翌日までに食べきる。
栄養 高タンパク低脂肪でタウリンが豊富。
問い合わせ先 えひめ愛フード推進機構事務局
TEL:089-912-2567 http://www.aifood.jp/sys/pages/brand/
愛南漁協内海支所
TEL:0895-85-0304
http://www.jf-ainan.or.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。