e地産地消

みうらのかぼちゃ

みうらのかぼちゃ

名称 みうらのかぼちゃ
都道府県名 神奈川県
区分 野菜類
分類 ウリ科カボチャ属
学名 Cucurbita maxima Duchesne
外国語名 Squash
生産地 三浦市、横須賀市
収穫地域情報 美味しさのために通常よりも2週間長く栽培し完熟させている。
由来 三浦半島で栽培されているから。
歴史背景 三浦半島で昭和初期から「西洋かぼちゃ」を栽培している。現在は、西洋種の代表的品種「みやこ」を、有機肥料を使用し実がなってから45〜50日以上つるにつけたまま完熟させる方法で栽培を行っている。その中でもより質のよいものを「三浦かぼちゃ(こだわり)」として販売している。
時期 6月〜8月
特徴 西洋種の黒皮栗かぼちゃの品種「みやこ」で、大きく栗のようにほくほくとした甘い肉質が特徴。
料理名 煮物、スープ、てんぷら、パイ、プリンなど
調理法 煮物にする場合は煮くずれしないよう面取りをするとよい。
選び方 表面が硬く、ずっしりと重いもの。へたのの周りがくぼんでいるものは完熟している証拠である。カットされているものは果肉の部分が厚く色が濃いものを選ぶ。
保存方法 丸ごとなら1ヶ月ほど保存可能だが、カットされたものはラップして冷蔵庫で保存し、早めに使い切る。
栄養 緑黄色野菜の代表で、β−カロテン、ビタミンB1、B2、Cのほか、カリウムなどのミネラル分も豊富。
問い合わせ先 特産・三浦野菜生産販売連合
TEL:046-888-315

JAよこすか葉山
TEL:046-857-9183

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。