e地産地消

じゃばら

じゃばら

名称 じゃばら
都道府県名 和歌山県
区分 果実類
生産地 北山村
収穫地域情報 北山村は和歌山県の飛び地で、周囲を三重県と奈良県に囲まれている。紀伊半島南部の山間部で、温暖多雨で寒暖差が大きい。通常の柑橘類は栽培が難しいが、寒さに強いじゃばら生産には適している。
由来 「邪気を払う」ほど酸っぱいことから。
歴史背景 江戸時代から存在していた「ゆず」と「九年母(くねんぼ)」、「紀州みかん」などの柑橘類が自然交配して誕生した、自然雑種の柑橘類である。村に1本だけあった果樹を、1960年代に木の持ち主の村田国造氏が、「村を過疎化から守る産業になる」として議会などに働きかけて調査したところ、新品種と判明。1971年から村が規模を拡大した栽培に着手。最初のうちは知名度が低く販売も苦労したが、今では村の一大産業になっている。
時期 11月下旬〜12月中旬
特徴 ゆずより果汁が豊富で種がない。独特の風味とまろやかな味わいが特徴。
料理名 天然食酢として、鍋物や魚などにかけたり、ドレッシングの材料に。
加工品 果汁、ジュース、ジャム、マーマレード、飴、ケーキなど
栄養 カリウム、ビタミンCなどを含む。
問い合わせ先 北山村観光産業課
TEL:0735-49-2324

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。