e地産地消

すさみケンケン鰹

すさみケンケン鰹

名称 すさみケンケン鰹
都道府県名 和歌山県
区分 魚介類
分類 サバ科カツオ属
学名 Katsuwonus pelamis (Linnaeus)
外国語名 striped tuna
生産地 すさみ町
収獲地域情報 すさみ町は紀伊半島の南南西に位置し、黒潮が流れる紀伊水道での豊富な漁獲に恵まれる。鰹漁は、疑似餌と潜行板を使い、船を走らせながら釣る独特のケンケン漁で行われている。
由来 ケンケンとは、ハワイのカナカ語と言われる。船を走らせ疑似餌をおどらせ、魚を誘惑して釣り上げる漁法で、疑似餌の材料に使った鳥の羽毛が原語とする説と、疑似餌が海面をピョンピョンと叩くさまがユーモラスだとして命名したという説がある。
歴史背景 1908年にハワイから帰国した小野七之助が、帆船を利用したケンケン漁の漁法を持ち帰ったのが始まり。昭和に入り発動機が導入されて、ケンケン漁が発展。1945年の終戦後は活況を呈したが、昭和30年代にエンジンのディーゼル化が進むと、船が県外へ進出するようになる。紀州船団と呼ばれて人気を集めた。2006年に「すさみケンケン鰹」が地域団体商標登録となった。
時期 2月〜6月、10月
特徴 釣り上げてすぐ、船上で活け〆にし、氷水に突っ込んで短時間で市場に運ばれる。脂がのっているがさっぱりとした食感で、舌にまつわりつくような旨みがある。
下処理 腹ビレの間に包丁を入れ、頭から尾の付け根まで引く。エラと内臓を引き出した後、腹ビレの付け根から包丁を入れ、頭を切り離し、ウロコを削ぎ落とす。腹側から中骨までと、背中側から中骨まで包丁を入れて3枚におろす。腹骨を削ぎ取り、片身を血合いに沿って二つに割り、血合いを取り除く。皮と身の間に包丁を入れ、皮を取り去る。
料理名 刺身、たたき、なまり節にして煮ものに。
栄養 高タンパク、低脂肪。DHA、EPAが豊富。ビタミンD、B12、カリウム、タウリンを含む。
問い合わせ先 和歌山南漁業協同組合
TEL:0739-55-2002

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。