e地産地消

芸濃ずいき

芸濃ずいき

名称 芸濃ずいき
都道府県名 三重県
区分 いも及びでん粉類
分類 サトイモ科サトイモ属
学名 Colocasia esculenta
外国語名 taro
生産地 津市芸濃町
収穫地域情報 津市芸濃町の土は、火山灰を含んだ保水性の高い黒墨土で、サトイモの栽培に適している。関西地方へ通じる伊勢別街道に位置し、京都の交流もあることから、サトイモ栽培が盛んになった。芸濃ずいきの生産の95%が京都へ出荷される。
栽培情報 自家採種で、無農薬栽培を行っている。
別名 サトイモの葉柄
由来 「ずいき」の名は、芋の中心から出た茎なので「髄茎(ずいき)」と呼ばれたという説と、南北朝時代の僧、夢窓国師漱石の詩「いもの葉に置く白露のたまらぬはこれや随喜の涙なるらん」から取ったという説がある。
歴史背景 戦前に尾張地方の縁者を通じて、芸濃町の富農が導入したと言われている。1950年頃から市場へ出荷されるようになり、2007年には「みえの伝統野菜」に指定された。
時期 6月〜8月
特徴 サトイモから伸びた茎のこと。みずみずしくシャキシャキとした歯触りが特徴。
料理名 炒めもの、ずいきとツナの酢和え、錫杖うどん
加工品 干しずいき
保存方法 乾燥させないように新聞紙かラップでくるむ。低温に弱いので冷蔵はしない。ゆでてから冷凍も可能。干しずいきは長期保存できる
栄養 β−カロテン、ビタミンK、カリウム、カルシウム、マグネシウムを含む。食物繊維が豊富。
問い合わせ先 三重県庁農林水産部 フードイノベーション課 イノベーション創出支援班
TEL:059-224-2391(PHS 6213)/FAX:059-224-2521
E-mail:rit00@pref.mie.jp

三重の食応援ブログ
http://www.pref.mie.lg.jp/CHISANM/HP/mienosyoku/index.htm

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。