e地産地消

鳥飼茄子

鳥飼茄子

名称 鳥飼茄子
都道府県名 大阪府
区分 野菜類
分類 ナス科ナス属
学名 Solanum melongena
外国語名 eggplant
生産地 摂津市
歴史背景 現在の摂津市鳥飼地区で作られてきた伝統野菜。1836年『新改正摂津国名所旧跡細見大絵図』の「名物名産略記」に“鳥養茄子”の記載がある。大正から昭和初期にかけて広く栽培され、最盛期には約60戸の農家が市場に出荷していた。戦時中には栽培が途絶えたが、戦後、鳥飼地区に住む辻幸太郎氏が復員後、保存していた種子から栽培を再開させた。摂津市は1985年から保存活動を実施し、学校菜園などを通してPRしている。2005年には大阪府の「なにわの伝統野菜」に選定された。
時期 7月〜9月
特徴 ソフトボールぐらいの大きさ。京都の加茂なすに似ているが、やや下ぶくれで、果皮が柔らかい。果肉が緻密で独特の甘味があり、煮崩れしにくい。
料理名 田楽、揚げびたし、炒めもの、煮もの、味噌汁、なすのスパゲッティ、漬物、グラタン、コロッケ
加工品 辛子漬け、しば漬け、キムチ、麹漬、あめ、ミンチカツなど
栄養 カリウム、食物繊維が多い。皮にアントシアニンを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。