e地産地消

泉だこ

泉だこ

名称 泉だこ
都道府県名 大阪府
区分 魚介類
分類 マダコ科マダコ属
学名 Octopus vulgaris
外国語名 common octopus
生産地 大阪府南部の泉南地域
収獲地域情報 淀川や大和川などの大小の川が流れ込む大阪湾は「魚庭(なにわ)の海」と言われる魚介類の豊富な海。エビやカニなどの餌が多く、潮流が緩やかなことから、良質なタコがよくとれる。大きな籠に餌を入れて沈めるタコかご漁が漁法の中心。
歴史背景 大阪は豊かな海に面し、京都が近いことから、古くから漁業が盛んで、西は九州の五島列島・対馬に、東は房総にまで進出して、漁業発展に寄与してきた。高度成長期の水質汚染や湾岸の環境変化を経て、環境改善に務めるようになった。泉だこは2009年、大阪府漁業協同組合連合会の地域団体商標として登録された。
時期 通年(旬は7月〜12月)
特徴 風味がよく柔らかい。甘みがあり、コリコリとした歯応えを楽しめる。
料理名 刺身、天ぷら、たこ焼き、炒めもの、魚介のパスタ、たこ飯、カレー、煮ものなど
加工品 レトルトカレー、たこ飯の素など
栄養 高タンパク低脂肪、タウリンが豊富。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。