e地産地消

愛宕梨

愛宕梨

名称 愛宕梨
都道府県名 岡山県
区分 果実類
分類 バラ科ナシ属
生産地 岡山市西大寺・雄神地区、倉敷市など
収穫地域情報 岡山県は愛宕梨の栽培面積が日本一大きい。
別名 あたご梨
由来 東京の愛宕山で、できたことから。
歴史背景 東京の愛宕山(港区)で「二十世紀梨」と「今村秋梨」の自然交配によりできたと言われる。岡山県では1943年に岡山市雄神地区に導入されて栽培が開始した。
時期 11月下旬〜12月下旬
特徴 日本一大きいと言われ、大きいものでは3kgほどで赤ちゃんの頭ほどにもなる。冷暗所で追熟させると甘みが増し、よりおいしくなる。食感はざらっとしているが、歯切れはよく上品な甘さがある。
保存方法 冷暗所で保存する。2週間が目安。
栄養 カリウム、食物繊維を含む。成分の約88%が水分。
問い合わせ先 岡山県東京事務所
TEL:03-5212-9080

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。