e地産地消

シカクマメ

シカクマメ

名称 シカクマメ
都道府県名 沖縄県
区分 野菜類
分類 マメ科トウサイ属
学名 Psophocorpus tetragonolobus
生産地 八重瀬町
栽培情報 サヤが10〜15cm位の大きさになった頃が柔らかく食べ頃。
別名 ウリズン(「潤いはじめ」「新緑の季節」という意味の方言で、沖縄の春分から梅雨入り前迄の時期)
歴史背景 1980年代に国際農林水産業研究センターが沖縄の夏の野菜不足を補うために研究され、栽培が奨励された。
時期 5月、6月、9月〜12月
特徴 さやの断面が四角く、角の部分に翼状のひだがついているのが特徴。コリコリしてほのかに苦味がある。
料理名 サラダ、お浸し、揚げ物、炒め物、煮物
調理法 若さやは軽くゆでる。熱を通しすぎないほうが、彩りが良く仕上がる。
保存方法 熱帯性の植物なので、冷蔵庫での保存は適さない。室内の冷暗所で保存する。
栄養 カルシウム、リン、β−カロテン、ビタミンB1、Cを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。