e地産地消

パイナップル

パイナップル

名称 パイナップル
都道府県名 沖縄県
区分 果実類
分類 パイナップル科アナナス属
学名 Ananas comosus (L.) Merr.
外国語名 Pineapple
生産地 石垣市、竹富町
収穫地域情報 パイナップルの畑を散策したり、果実だけでなくスイーツ類など加工品を多数取り揃える観光園や商業施設が多数ある。
栽培情報 土の性質が酸性で水はけがよい所でしか育たないため、沖縄での栽培は、本島北部と石垣島にほぼ限られている。
歴史背景 明治22年、小笠原諸島から持ち込まれ、沖縄で始めてパインアップルが栽培されたといわれている。戦時中は一時中断していたが、昭和21年に石垣島で再開され、国の振興策によって沖縄県の特産品に。主に缶詰用として栽培されてきたが、平成2年の輸入自由化以降は外国産に追われるなど需要が低迷。生食用の栽培に切り変えるなどしているが、農家は減少している。
時期 5月〜7月
料理名 酢豚など
調理法 タンパク質の分解酵素が含まれているため、肉料理との相性がよい。
加工品 シャーベット、ジュース
選び方 ずっしりと丸みがあり、色が濃いものが甘いとされる。追熟しないため、熟したものを購入する。
保存方法 葉の部分を下に保存すると、底の甘い部分が全体に回るといわれる。
栄養 ビタミンB1、ビタミンC、鉄、マグネシウム、食物繊維などを含む。

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。