e地産地消

くんねっぷメロン

くんねっぷメロン

名称 くんねっぷメロン
都道府県名 北海道
区分 果実類
分類 ウリ科キュウリ属
学名 Cucumis melo
外国語名 Muskmelon
生産地 訓子府町
収穫地域情報 訓子府町は、オホーツク海沿岸から50kmほど内陸に位置する北見盆地にある。昼夜の寒暖差が大きく、最大で30度もあった記録がある。メロンが育つ5月〜7月の日照時間が長い。
由来 メロンの名前の元になった町名、「訓子府」はアイヌ語で「黒いところ、やち川にして水黒し」という意味を持つ。
歴史背景 訓子府町でメロン栽培が始まったのは、1973年。
時期 6月下旬〜8月中旬
特徴 糖度が16〜17度と高い赤肉メロン。果皮は灰緑色。香りが高く、甘くみずみずしい果肉が特徴。
保存方法 常温で保存し、追熟するのを待つ。果皮が黄色味を帯び、お尻を押して柔らかみが出た頃が食べ頃。2〜3時間冷蔵庫で冷やすとおいしい。
栄養 主な成分は糖質。利尿作用があり、塩分を排出する作用をもつカリウムが含まれている。
問い合わせ先 JAきたみらい訓子府地区事務所
TEL:0157-47-4826/FAX:0157-47-2804
http://www.jakitamirai.or.jp/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。