e地産地消

ひらめ

ひらめ

名称 ひらめ
都道府県名 茨城県
区分 魚介類
分類 ヒラメ科ヒラメ属
学名 Paralichthys olivaceus
外国語名 large-tooth flounders (halibut)(英)、Turbot(仏)
生産地 平潟漁港、大津漁港、川尻港、久慈漁港、磯崎漁港、那珂湊漁港、茨城港大洗港区、鹿島港、波崎漁港
収獲地域情報 茨城県沿岸は、黒潮と親潮がぶつかり合う栄養豊かな漁場で、ひらめなど県で捕れる魚は「常磐もの」と言われ、市場で高い評価を得ている。
別名 テックイ、オオグチ、バンゴ、ハス・ハスガレイ、ハタタ、ベタなど
歴史背景 1995年に茨城県が県の魚として認定された。
時期 通年捕れるが、晩秋から初春にかけてが特においしい。
特徴 口を手前に置いたとき、目が左側にあるのがヒラメ。カレイに比べて口がかなり大きい。クセがなく淡白ながら、濃厚な味わいの高級魚。
下処理 両面のうろこをそれぞれ包丁の先で、ていねいに取り除く。頭を切り落とし、エラも取り外す。裏側に包丁を入れて内臓を抜き出し、よく洗い流す。
料理名 ムニエル、煮つけ、刺身、カルパッチョ、フライなど
栄養 低脂肪高タンパク。カリウム、ビタミンB1、B2、ナイアシンが豊富。エンガワにはコラーゲンと脂質が豊富で、脂質にはDHAとEPAが含まれる。
問い合わせ先 いばらき うまいもんどころ
http://www.ibaraki-shokusai.net

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。