e地産地消

夕張メロン

夕張メロン

名称 夕張メロン
都道府県名 北海道
区分 果実類
分類 ウリ科キュウリ属
学名 Cucumis melo
生産地 夕張市
収穫地域情報 夕張市は北海道の中央部よりやや南西に位置し、三方が山に囲まれている。夕張川の周囲に開けた帯状の土地で農業が行われている。夕張メロンは農地面積が狭い夕張市の代表的な作物である。
栽培情報 農協、生産者が一体となって厳格な品質管理を行っている。
別名 夕張キングメロン
歴史背景 夕張市でメロン栽培が始まったのは、1923〜1924年頃。1931年頃には数種の栽培が試みられたが十分な糖度を得られず、やがて戦争の激化とともに消えていった。1955年頃から狭い土地で高い収益を上げられる作物を、と農業振興に取り組む中で注目されたのが、戦前に栽培されていたメロンだった。1960年に17人の有志で夕張メロン組合が結成されて、翌年オレンジ色の新品種を作出。1970年代には夕張市は北海道を代表するメロン栽培地となった。
時期 5月中旬〜9月上旬
特徴 大玉で、果皮にはびっしりと網目が入っている。果肉が赤みを帯びたオレンジ色で柔らかくジューシー。糖度はそれほど高くないが、甘さを感じる。
加工品 ゼリー、ジュースなど
選び方 ネットが太く浮き出たもの、ツルが青くピンと張っているもの、持ち重りがするものがよい。
保存方法 常温で保存し、食べる2〜3時間前に冷蔵庫に入れて冷やすとよい。
栄養 カリウム、β-カロテンが豊富。
問い合わせ先 夕張市農業協同組合
http://www.yubari-melon.or.jp/

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。