e地産地消

バフンウニ

バフンウニ

名称 バフンウニ
都道府県名 北海道
区分 魚介類
分類 オオバフンウニ科オオバフンウニ属
学名 Strongylocentrotus intermedius
外国語名 elegant sea urchin, intermediate sea urchin, naked sea urchin(英)
生産地 北海道の沿岸部全域
収獲地域情報 北海道は全国のウニ生産量の約半分を占める最大産地である。ウニは昆布などの海藻を食べて育つため、昆布の質が高いところほどウニの品質も良いとされる。
別名 正式名称はエゾバフンウニ。ガゼ、ガンゼ、アカ
由来 見た目が馬糞に似ていることから。
時期 6月〜8月末
特徴 ムラサキウニと比べて身は約半分の4〜5cm程度と小さいが、味は良いとされる。刺が短く、殻は緑っぽい色をしている。身は強いオレンジ色で独特の香ばしさがある。
下処理 ウニを洗い、口の部分にナイフを入れて口を取り出した後、殻に切り目を入れて二つに割る。塩水を入れたボールにそっと入れて中を洗う。割り箸で中の黒い内臓を取り除き、もう一度塩水で洗う。
料理名 刺身、すし(軍艦巻き)、うに丼、蒸しウニ、カルボナーラ、ウニのトマトソースパスタなど
加工品 塩漬けなど
栄養 タンパク質、脂質を多く含む。リン、亜鉛、β-カロテンは他の魚介類より多い。
問い合わせ先 利尻漁業協同組合
TEL:0163-82-1105

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。