e地産地消

日高産真つぶ

日高産真つぶ

名称 日高産真つぶ
都道府県名 北海道
区分 魚介類
分類 エゾバイ科 エゾボラ属
学名 Neptunea polycostata
外国語名 whelk、Japanese neptune
生産地 日高地方
収獲地域情報 日高地方は、北海道中央南部に位置する。黒潮と親潮が出合う海域で、一年を通じてさまざまな魚介類が穫れる。真つぶは全道一の産地。台形状の籠を海底に沈めるつぶかご漁を行う。
別名 正式名称はエゾボラ。つぶ貝
時期 通年
特徴 十数年かけて成長し、大人の両手でも抱えきれないほどの大きさに育つ。ゴツゴツとした殻には縦に突起状のヒレが多数ついている。食感はアワビに似てコリコリとしている。噛むとじんわりうまみが広がる。
下処理 唾液腺にテトラミンと言う毒を持っており、それを食べると、めまいや吐き気、頭痛、眠気を感じることがある。刺身にする場合は、包丁で身を半分に開き、「あぶら」と呼ばれる白い唾液腺を取り除いてよく水洗いする。
料理名 刺身、フライ、カルパッチョ、真つぶと大根の煮もの、つぼやき、串焼きなど
栄養 タンパク質、コレステロ―ルが多い。カリウム、カルシウム、マグネシウム、リンを多く含む。
問い合わせ先 日高支庁産業振興部水産課
TEL:0146-22-9321
FAX:0146-22-7563

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。