e地産地消

女池菜

女池菜

名称 女池菜
都道府県名 新潟県
区分 野菜類
分類 アブラナ科
学名 Brassica rapa
生産地 新潟市中央区女池・鳥屋野地区
収穫地域情報 豪雪地帯の新潟市で秋に撒き、冬、雪に埋もれ寒さに耐えさせることで豊かな甘味と、爽やかさを得る。
別名 小松菜
歴史背景 明治の初め、新潟市で採種が始められ、明治半ばには女池・鳥屋野地域一帯で栽培されるようになり、現在まで守られている在来野菜。
時期 12月上旬〜3月下旬
特徴 しゃもじ型の葉が特徴。とう立ちさせた芽と葉を食べる。とうの部分に甘味が蓄えられているので、食べると独特の甘味とほろ苦さがある。
料理名 お浸し、煮びたし、漬けもの、炒めものなど
栄養 β-カロテンが豊富。葉酸、ビタミンC、K、カリウム、カルシウム、鉄を含む。
問い合わせ先 新潟地域振興局農林振興部
TEL:025-231-8264

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。