e地産地消

京みず菜

京みず菜

名称 京みず菜
都道府県名 京都府
区分 野菜類
分類 アブラナ科アブラナ属
学名 Brassica rapa var. laciniifolia
外国語名 Potherb Mustard
生産地 京都府全域、最大産地は京丹後市
別名 京菜、柊菜、千筋菜
由来 畑の畝の間に水を引いて育てたことから、水入り菜、転じて水菜と呼ばれるようになった。
歴史背景 平安時代から京都周辺では栽培されていたと言われるが、書物には1683年のものから記述がある。都の西南部、壬生・東寺・九条付近のものが良質だったと言われる。ハリハリ鍋などで関西では知られていたが、茨城県や福岡県など他県での栽培が増え全国区になったのは2000年頃からである。
時期 通年出回るが、冬から早春が旬。
特徴 白い茎の部分と緑の葉の部分のコントラストが鮮やかで、スラリと細長く、葉に深い切れ込みがある。シャキシャキした食感が特徴。
下処理 塩もみあるいは、さっと湯通しして水分を出してから使うとよい。
料理名 はりはり鍋、水炊き、サラダ、豚肉巻き、薄揚げと水菜の煮浸し、吸い物、炒めものなど
選び方 葉が鮮やかな緑色でツヤ、ハリがあるものが良い。根本が変色していたり、茎が半透明になっているものは古い。
保存方法 新聞紙などで包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。
栄養 成分の90%が水分。ビタミンC、カロテン、カリウム、カルシウムなどを含む。
問い合わせ先 公益社団法人 京のふるさと産品協会
http://kyo-furusato.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。