e地産地消

黒部丸いも

黒部丸いも

名称 黒部丸いも
都道府県名 富山県
区分 いも及びでん粉類
分類 ヤマイモ科
生産地 黒部市
収穫地域情報 黒部市は富山県東部に位置する。3000m級の山々が連なる立山連峰の雪解け水を集める黒部川が注ぎ込む、肥沃な扇状地。黒部丸いものほか、コメ、桃、白ネギの栽培が盛ん。
歴史背景 黒部市で丸いもの栽培が始まったのは、若栗地区の農家が石川県根上町から種芋を譲り受け、栽培法を教わったことがきっかけ。1989年に若栗地区で生産者組合が作られたが、生産地が広がり、1993年に黒部丸いも生産組合が結成。2006年には「黒部ブランド」として認定を受け、翌年には富山県の「とやま食の匠 特産の匠部門」にも認定された。学校給食にも使われ、地元のブランド産品としてPRに力を入れている。
時期 11月中旬〜12月
特徴 自然薯やヤマイモに代表されるヤマイモ科の一種。じゃがいものように丸い形をしている。粘りが自然薯よりも強い。高級和菓子の材料として使われている。
料理名 お好み焼き、てんぷら、とろろかけご飯、サラダ、だんご汁、鍋物、マグロの山かけ、山かけそばなど
調理法 皮を剥き、短冊に切ってサラダや揚げ物に。すりおろして山かけにしたり、出汁と混ぜて、スプーンですくって鍋などに入れる。
加工品 和菓子
栄養 食物繊維が多い。サポニンを含む。
問い合わせ先 越中とやま食の王国
http://www.shoku-toyama.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。