e地産地消

新川だいこん

新川だいこん

名称 新川だいこん
都道府県名 富山県
区分 野菜類
分類 アブラナ科ダイコン属
学名 Raphanus sativus
生産地 魚津市
収穫地域情報 富山湾に面した魚津市。春に蜃気楼が出ることでも有名。新川だいこんは魚津市の丘陵地で栽培される。
栽培情報 だいこんは通常1畝に2列植えるが、新川だいこんは1列で膝丈ほどある高い畝を作る。風通しと水はけがよくなり、病虫害が発生しにくく農薬も少なくてすむ。新川だいこんは、減農薬・現肥料栽培である。
別名 美人だいこん
時期 6月中旬〜7月中旬、10月〜12月
特徴 新川だいこんはひげ根をほとんど伸ばさないため、表面のくぼみがほとんどなく、つるつるしている。そのため、「美人だいこん」とも呼ばれる。キメが細かく、調理すると味がよく染み込む。
料理名 おでん、煮もの、サラダ、味噌汁、
加工品 だいこんのビール漬、だいこん寿司、たくあん、大根おろし
栄養 葉にはβ−カロテン、ビタミンB1、B2、葉酸、ビタミンCやカルシウム、カリウム、鉄が多い。根はビタミンCを含む。
問い合わせ先 越中とやま食の王国
http://www.shoku-toyama.jp

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。