e地産地消

大和きくな

大和きくな

名称 大和きくな
都道府県名 奈良県
区分 野菜類
分類 キク科キク属
学名 Chrysanthemum coronarium
生産地 曽爾村、奈良市、天理市など
別名 春菊
歴史背景 葉が大きく切れ込みが深く、臭気が少ない中大葉系の春菊は、奈良県で選抜され全国に広まった。大和きくなは、戦前から栽培されている野菜が選ばれる「大和の伝統野菜」に指定されている。
時期 通年
特徴 葉が大きく、切れ込みが深い。柔らかいため、軸から葉まで生で食べることができる。味や香りもよい。
料理名 サラダ、お浸し、鍋物、すき焼き、炒めもの、てんぷらなど
選び方 葉にハリがあり、緑が濃いものを選ぶ。
保存方法 新聞紙を軽く濡らして包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存する。
栄養 β-カロテンが豊富。カルシウム、鉄も多い。
問い合わせ先 奈良県農林水産振興課
http://www.pref.nara.jp/dd.aspx?menuid=2767

※本サイトに掲載されている問い合わせ先は、食材の内容に関してのみの対応となっております。販売についての問い合わせは、ご遠慮くださるようお願いいたします。